2016年12月28日 00:50Fujii

デザインの根拠

デザインの根拠

デザインをする時に、何かを根拠にしてデザインをする、ということによく遭遇します。いざそれを根拠に進めてみると、目指していなかったような結果になることもあります。そういった落とし穴にはまらないためには、作り手視点、使い手視点を行き来することが重要です。

数字にしろユーザビリティテストにしろデザインプロセスにしろ、何かを根拠にすればいいものができそうだし、意思決定も楽になりそう、という誘惑があります。

これは作り手視点です。

そのアプローチが本当に良いのかどうかは、使い手視点になってみると、実感を持って捉えることができるでしょう。

幸福の数値化

例えば幸福を数値化する。というアプローチがあります。

デザインは人を幸せにすることがゴールだから、幸福を数値化できれば、それを向上することを根拠に意思決定ができる。

そういった作り手の願望がこのアプローチの背景にはあります。

使い手視点になってみましょう。 自分の幸福を細かく数値にされることに違和感はないでしょうか?

「あなたは幸福度何点、前よりも10点上がってますね。」

といわれたら、なんだか奇妙な小説の世界に迷い込んだ気にすらなります。

IMG_5069

自分の幸福度がなぜ、あなたにわかるのか?

自分ですら比べたりすることは難しいのに、、単純ではない、いろいろな気持ちがあるし、、と思うでしょう。

しかも、誰にとってもわかるような不幸と幸福があるならば、誰にとってもわかるので数値化するまでもなく通じるはずです。

このように考えると幸福度の細かな数値化という手法を、実感を伴って捉えることができ、なにか変なことだとわかります。

目的への最適化

デザインは目的遂行のためにある、だから目的を特定し、それに最適化することがデザインの根拠となる、というやりかたがあります。

使い手視点になってみましょう。 目的に特化し最適化したものを普段どれだけ使っているでしょうか?

時には目的すらわからない、目的としていなかったことに応用したりすることもあります。メール、メッセンジャー、メモ帳などなど。どこまで目的が決まっているでしょうか。

IMG_5070

そう考えると、目的に最適化する手法を、実感を伴って捉えることができ、なにか変なことだとわかります。

正しいデザイン

そもそも、デザインとして正しいものというのは、あるのか?そんなテーマはどうでしょう。

正しいものがあれば根拠にできるので、デザインが楽になる。 これも作り手の願望です。

使い手視点になってみましょう。

自分が使う時に、これは正しいと思って使うでしょうか。

その時その時にいろいろなトレードオフがあり、ものを選択するでしょう。時には間違えるし、短期的に使っても、長期的にはゴミになったものもあります。それがデザインされたものと人との関係の現実です。使い手の道具の選び方、哲学めいたものも関係してきます。それは、センスともいえるし、思想ともいえます。

IMG_5071

そう考えると、デザインとして正しいものを求めるアプローチについて、実感を伴って捉えることができ、なにか変なことだとわかります。

作り手と使い手の乖離をなくす

IMG_5072

これまで述べたように、作り手と使い手をぐぐぐっと近づけて重ねてみると実感が湧いてきます。実際に、重なるとどうなるか?それは、自分のために作ることを意味します。これは自分のためのデザインと言えます。

IMG_5073

なので、自分のためになにかデザインするときの視点、これこそがリアルなユーザーの意思決定のサンプルになります。

部屋の片付け

部屋の片付けをやったりすることも、自分のためのデザインです。

家ではほとんど寝るだけといっても、玄関開けてすぐにベッド、、なんて配置にはしないでしょう。

IMG_5074

では、何を考えて意思決定するのか?いろいろな時を考えて決めます。つまり、1人の自分でさえ、いろいろな時でやることが違うということがわかってきます。

寝たい時には寝るところへ使い手が行く、必要に応じて人間が道具を選ぶ、または道具にあわせるともいえます。

このことで、道具が人間にあわせることが絶対、という考えは、何か変だということがわかってきます。

道具と人間の距離感

言い換えるならば、たった1人の自分という人間でさえ、何をどのようにやるのか、いつも同じやり方でやるか、それは決めることができない。なので、道具に役割を元にした性質を持たせ、というよりも役割をイメージして適した性質のものを選択し、置く。その時になったらそこへ行くことにする。

道具が人間にあわせるといっても、こういった距離感であわせるのだとわかってきます。

プロダクトのボーダーライン

どこからどこまでをデザインの範囲にすれば良いのか?正解があるのだろうか。プロダクトのボーダーラインはどこにすれば良いのかの正解はあるのか?というテーマも考えてみます。

部屋のレイアウトをする時に「寝る」という境界の引き方から考えてみます。寝るときのベッドがある寝室、食べるときのテーブル、などのようにトイレ、キッチンといった概念があります。この線の引き方に正解はないでしょう。

IMG_5075

正解はないですが、なにか自分がいろいろな時にやる同じことのかたまりというのがあると思います。そのかたまりを担当できそうな道具を配置し、配置した後はその時になったら自分がそこへ行くでしょう。また、限られた空間、または覚えてられる頭の認知的な空間といっても良いですが、それら踏まえ道具を選択することもあるでしょう。

IMG_5076

これが現実なので、線の引き方に正解があるかというともちろん無い、自分の部屋に対するビジョン次第になります。

このことで、ビジョンが抜け落ちているデザインはなにか変だということがわかります。

デザイナーは自分のためにデザイン手法を自分でデザインする

デザインの手法で混乱した時は、このように考えると、なにか変だとわかったり、正解があるわけではない、時にはビジョンによる意思決定が重要ということも発想することができ、デザイン手法を実感を持って捉えることができ、応用への糸口となるでしょう。

人は部屋の中の片付けをするときに自分のために自分で部屋をデザインします。

デザイナーは自分のためにデザイン手法を自分でデザインする必要があります。

コメント
お名前:

コメント:

コメントは承認後に表示されます。
トラックバック
http://blog.seesaa.jp/tb/445305351
トラックバックは承認後に表示されます。