2015年07月17日 20:06Fujii

赤ちゃんはおもちゃに興味があるのではなく、大人とのコミュニケーションに興味がある?

image

新しいおもちゃにすぐに飽きる赤ちゃん

おもちゃ屋さんでおもちゃを見ると、色々な宣伝文句が書いてありますが、買って渡すと大抵その通りに赤ちゃんは遊びません。

興味を持たなかったり、興味をもってもすぐに飽きてしまいます。

これはなぜなのかを考えてみました。

赤ちゃんにおもちゃという概念はない

まず、赤ちゃんには何がおもちゃで何がおもちゃでないのかは区別がないのではないかと思います。

家の中にある様々なものと同じで、何か身の回りにあるものとしか捉えません。

大人がもっているような、おもちゃという概念、おもちゃ屋さんという概念、お金という概念、新しいという概念などもまだないので、「せっかく新しいおもちゃを買ってきたから遊ぼう」という概念もないのではないかと思います。

飽きたおもちゃに再度興味を持つ

最初に興味を持って、ひととおり検品したら終わりです。

動かして、起こることを見たり驚いたり、それを拾ったりします。その後ぽいっとします。

ここで大人は「お、もう飽きちゃったなー」と思います。

ところが、赤ちゃんが戻ってくることがあります。

それは、大人が飽きちゃったおもちゃを一生懸命触ったりしている時です。

なぜなのでしょうか?

おそらく「大人が触っているものを触りたい」ということかなと思っています。

または、すでに検品したものではなく別の何かに見えるのかもしれません。

手段と目的

赤ちゃんにとっておもちゃは手段なのでしょうか?

「大人が触っているものを触りたい」というのは目的と言えますが、ここでいう大人が触っているものは手段になるのでしょうか?

単なる手段ならば、大人が触っているものでなくても良いのでしょうか?

しかしそれだと目的の中の「大人が触っているもの」ということが欠けてしまいます。

「大人が触っているものを触りたい」のではなく「大人とコミュニケーションをとる」ことが目的だという見方もできます。

仮にそうだとすると、大人がおもちゃを触っていない時よりも、触っている時の方が勢いよく近づいてくるのはなぜ?という疑問も湧きます。

ということで、現実を見てみると、全部やりたいのでは?ということが見えてきます。赤ちゃんは、新しいものを触りたい。大人とコミュニケーションをとりたい。大人が触ってるものを触りたい。

目的は、具体的なものも含まれるし、行動も含まれる、無形のコミュニケーションも含まれます。

そして、そもそも触った先、コミュニケーションをとった先に何がしたいのかという目的は持っていないように見えてきます。

このように「目的」というのはなかなか複雑なので、扱う時はざっくりいかないと話が進まないし、粒度によっていくらでも変わることがあるもののようです。

コメント
お名前:

コメント:

コメントは承認後に表示されます。
トラックバック
http://blog.seesaa.jp/tb/422534018
トラックバックは承認後に表示されます。