2013年08月27日 09:53Fujii

UIデザインの比較とは

IMG_3977

UIの比較

UIデザインを行うとひとつの表現ができあがります。この表現をほかの表現と比較するときがありますが、今回はこのことについて考えてみます。

最終的な表現の比較の難しさ

必ずトレードオフになります。

表現というのは元々、Aを1位、Bを4位、Cを2位、、というような優先順位になっています。

AとBの2つの優先順位の入れ替えではなく、Aを2位、Bを3位、Cを1位、、というような優先順位を調整することになります。

単純な順位の入れ替えにならないのは、表現として成立するためにほかの優先順位が変わってくるからです。

表現として成立させることを大前提にすると、順位を入れ替えたから表現が自動的に決定されるのではなく、成立する表現が先にあって、その表現の特徴は、Aを1位、Bを4位、Cを2位、、というような優先順位になるという分析が現実に近いのです。

改善案のアピールはトレードオフを前提に

トレードオフという意識がないと、改善案は一方的な比較に偏ります。

「余白を増やし、ボタンはまとめる」という比較は、真逆のことをすれば、「余白を少し詰め、ボタンをすぐに使えるようにした」となります。

ものはいいようですが、二つは良し悪しではなく、トレードオフによって変わる並列のことなのだという前提がないと、偏りがでます。(このほかにも、「すぐに使えるように常に検索を表示する」というのは「検索はほかの機能とまとめ、表示する情報を増やした」ということと並列であったりと常にでてきます。)

偏りがでる理由は、最終的な表現が先に作られ、その後で比較をしようとするためです。

最終的な表現として成立するかは大前提なので、優先順位をいじって表現を自動的に決めようとしてもうまくはいきませんので、この順番は問題はありませんが、偏りやすいという傾向があるということだけ頭にいれておく必要があります。

妥協は悪くないし、それがないと壊れる

妥協点というのは、優先順位を決めれば必ず出てくるものです。

正確には優先順位を低くしたのだからそれを妥協とは言いませんが、表現として成立させるためには何かの優先順位を下げることもあります。

また、ABの優先順位を下げることで、Cが上がったということもあります。

妥協をするのが悪いのではなく、どういった妥協を意識的にしたのかを把握することが大事です。

その意識的な優先順位は、UIの好みや思想、コンセプトといったことが関係してきます。

単純に見えて実はいろいろと関わっているのがUIデザインの比較なのです。

コメント
お名前:

コメント:

コメントは承認後に表示されます。